愛媛大学工学部 環境建設工学科

KSAプロジェクト

環建KSAプロジェクトの短期プログラム(1学期間)が日本学生支援機構の平成29年度海外留学支援制度に採択されました。
これにより,平成29年度に韓国,台湾,インドネシアに環建から1学期(4ヶ月)間留学する10名の学生,および先方から環建に留学する10名の交換留学生の渡航費,滞在費が日本学生支援機構から支援され,ほぼ自己負担無しに留学できます。
(このプログラムはこれまでも4年間連続して採択されている,愛媛大学の中の最も優れたプログラムの一つであり,環境建設工学科の3年生が経済的な心配無しに毎年留学しています)


1. KSAプロジェクトとは?

KSA(Kanken Study Abroad)プロジェクトとは,環境建設工学科が,アジア各国の大学と提携を結び,交換留学を行うことにより,学生個々人の能力を高めるために設立されたプロジェクトです.

“グローバリゼーション”という言葉を聞いたことがあると思いますが,日本の建設・環境分野は,今後アジアへの展開が増していくことは間違いありません.みなさんも大学在学中にアジアの大学に留学し,日本とは違う“文化”を肌で体験しませんか?

KSAプロジェクトは,平成23年度に韓国蔚山大学校との交換留学プログラム開始を皮切りに,平成24年度から台湾国立高雄大学を,H26年度から台湾国立高雄第一科技大学との交換留学プログラムを開始しました.さらに,H28年度より,インドネシアガジャマダ大学およびバンドン工科大学との交換留学プログラムを開始し,計5大学への留学プログラムを提供しています.

さらに,平成28年度からインドネシアガジャマダ大学とのダブルディグリープログラム(DDP)を始めました。このDDPは愛媛大学ではじめてのダブルディグリープログラムです。


プログラム名超短期プログラム
(留学費用の補助無し)
短期プログラム
(留学費用の補助有り)
ダブルディグリー
プログラム(DDP)
留学時期1,2回生夏休み3回生後期大学院修士課程の半分を
ガジャマダ大学で学修する
留学期間3~4週間約4ヶ月
留学先蔚山大学(韓国)インドネシア,
台湾,韓国
募集時期4月3月~4月4月

2.留学の効果

文化や言語が異なる人々と協働できる力を身につけるには、留学は格好の場です。では,留学した学生がどんな能力が身につくのでしょうか。日本ではまだまだですが,欧州では、留学の効果について可視化が進められています。木村 孟・東京都教育委員会委員長によると,「欧州委員会が域内の留学プログラムに参加した学生を調べたところ、異文化理解や統率力が身につき、それが企業に評価されて卒業後10年で管理職についた人が77%と、未留学学生より44㌽も高かったのです。」<読売教育ネットワーク,http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/iken/contents/post-513.php

そこで,本学科ではKSAプロジェクト(短期プログラム)で留学した学生,および留学しなかった学生への調査を実施し,留学の効果を定量化する取組を2016年度から始めました。留学の効果には,留学期間中の短期的に現れるものもあれば,その後の人生において徐々に顕在化する長期的効果もあるはずです。このような調査をこれから継続して実施することにより,両方の効果を明らかにしてゆきます。


2016年度の調査結果

●調査対象者

短期プログラム(3回生後学期)で留学した10名
興味があったが留学しなかった学生14名

●主な調査結果
留学した学生を対象とした調査

4ヶ月間の海外生活を経験することにより,明らかに自信が付いた。留学前は未知のことに対する漠然とした不安があったが,実際に生活し現地の状況を理解すると共に,リスクがあったとしてもそれを具体的に把握することによって,不安が格段に小さくなっていることがわかる。

海外旅行への適応能力。海外生活への不安や抵抗感はありますか?

外国の大学において学修登録から単位の取得,研究室での活動など初めてのことをてきぱきと行う必要があり,いやがおうにもコミュニケーションをとらなければいけない状況にあるため,ほぼ全員がコミュニケーション能力の向上を実感。この体験は,帰国後にも新たな環境に適応する能力を伸ばすものと考えられる。

コミュニケーション能力は上がったと感じますか?

ほぼ全員が語学力の向上を実感。留学中だけでなく,留学前から準備のため行った英語学習が効果的であった。

留学によって語学力は上がりましたか?(主体的評価)

グローバルな視野の広がりを全員が実感。留学を経験して,語学力や行動力が身につき,自信につながっている。

留学によって語学力は上がりましたか?(主体的評価)

留学した学生としなかった学生の比較

留学経験者の8割は帰国後に海外のニュースに対する関心が高い。未経験者は約1割に留まっており,歴然とした意識の差がある。

海外のニュースおよび輸出インフラについて


3. 留学先の大学

1. 蔚山大学校(韓国)

愛媛大学環境建設工学科と蔚山大学校建設環境工学部との間で,提携が結ばれ,平成23年度から交換留学プログラムがスタートしました.当学科の学生に提供する留学プログラムは,下記の2種類です.

1) 超短期プログラム(3~4週間)
  • 対象:1,2回生
  • 時期:8月1~3 or 4週
  • 内容:韓国語・韓国文化の勉強,他国留学生との交流,校外研修など.
  • 付記:日本語の堪能なスタッフがサポートしてくれます.
2) 短期プログラム(1学期,4ヶ月)
  • 対象:3回生以上
  • 時期:9月~12月
  • 内容:提携校での講義(英語,母国語)に出席,単位の取得.研究室に所属し,研究を実施.実習講義等もあります.
  • 付記:派遣先では日本語の堪能なスタッフ・学生がサポートしてくれます.

蔚山大学URL:http://en.ulsan.ac.kr/contents/main/

蔚山大学環境建設工学科URL:http://ce.ulsan.ac.kr/main.do
http://en.ulsan.ac.kr/contents/academics/programs/undergraduate/Default.aspx?crud=V&univ=11161&college=11188&department=11189


2. 国立高雄大学・国立高雄第一科技大学(台湾),
ガジャマダ大学・バンドン工科大学(インドネシア)

愛媛大学環境建設工学科と交換留学に関する協定が結ばれ,国立高雄大学については平成24年度から,国立高雄第一科技大学については平成26年度から交換留学プログラムがスタートしました.さらに,平成28年度から,ガジャマダ大学・バンドン工科大学との交換留学プログラムがスタートしました.当学科の学生に提供する留学プログラムは,下記の通りです.

1) 短期プログラム(1学期,4ヶ月)
  • 対象:3回生以上
  • 時期:9月~1月
  • 内容:提携校での講義(母国語,英語)に出席,単位の取得.研究室に所属し,研究を実施.実習講義等もあります.
  • 付記:派遣先では日本語の堪能なスタッフ・学生がサポートしてくれます.

ガジャマダ大学,バンドン工科大学はインドネシアの総合大学および理工大学のそれぞれトップ大学です。

ガジャマダ大学URL:https://www.ugm.ac.id/en

バンドン工科大学URL:https://www.itb.ac.id/

バンドン工科大学環境建設工学科URL:https://www.aiu.edu/University/programadw/bachelor/civil/?adgroup=31340233946&keyword=civil%20engineering&gclid=CO3I9r-pgtQCFYcDKgod3A0Bww

高雄大学URL:http://www.nuk.edu.tw/bin/home.php?Lang=en

高雄大学環境建設工学科URL:http://www.nuk.edu.tw/files/11-1000-698.php?Lang=en

高雄第1科技大学URL:http://english.nkfust.edu.tw/bin/home.php


3. その他


左:韓国蔚山大学建設環境工学部 学部長
右:愛媛大学環境建設工学科 学科長


左:台湾国立高雄大学土木及び環境建設工学科 学科長
右:愛媛大学環境建設工学科 学科長



左:台湾国立高雄第一科技大学建設工学科Prof. Chin-Tung Cheng学科長
右:愛媛大学環境建設工学科 森脇亮コース長


左端:インドネシアガジャマダ大学工学部環境建設工学科 学科長
左2番目:インドネシアガジャマダ大学工学部 学部長
右端:愛媛大学工学部 学部長
右2番目:愛媛大学環境建設工学科 学科長


右端:インドネシアバンドン工科大学環境建設工学部 教員
右2番目:インドネシアバンドン工科大学環境建設工学部 学部長
左端:愛媛大学環境建設工学科 国際化推進委員長
左2番目:愛媛大学環境建設工学科 工学部国際連携委員長

4. ダブルディグリープログラム

ダブルディグリープログラム(DDP)は,国際的に連携して特色のある独創的な教育プログラムを基盤とし,最先端の科学技術と知識と国際感覚を身につけ,グローバルに考え日本だけではなく世界各地でローカルに行動でき,社会の発展に貢献できる人材の育成を目指すものです。
愛媛大学では環境建設工学科がトップを切って初めてDDPを開始しました。
このDDPでは,大学院の修士課程に2年半在籍し,愛媛大学とガジャマダ大学の両方で学び,両大学から修士の学位を授与されます。
(通常,日本の大学院で学とその大学だけから修士の学位を与えられますが,DDPでは2つの大学から1つずつ,合計二つの修士号を与えられます)。

詳しくはこちらhttp://www.cee.ehime-u.ac.jp/~ddp/


5. イベント

説明会・報告会