愛媛大学工学部 環境建設工学科 愛媛大学工学部 環境建設工学科

english
home

環境建設工学科について

学科概要

環境建設工学科の概要

構成

 本学科は既設の土木海洋工学科の改組により誕生した学科です。

活動

 環境建設工学科では、陸上、地下空間、海洋と文字どおり山頂から海底まで、人間が活動する地球上のあらゆる領域において、自然環境との調和を図りながら生活・生産基盤の整備改善を行い、環境の保全や防災にも対処できる幅広い総合的な視野をもった人材を育成することを目指すとともに、関連分野における基礎的な研究から応用的な研究まで幅広い研究活動を行っています。

教育内容

 これからの都市・地域環境造りの担い手には、科学技術の急速な進歩や価値観の多様化、環境問題など、多面的な要素に柔軟かつ的確に対応できる能力が要求されます。そのため教育面では基礎科目を重視するとともに、システム工学的なものの考え方の育成にも力を注いでいます。また卒業研究を通して、最先端の科学技術の研究に携わることにより、これまでに学んだ基礎学問を実際面へ応用するとともに創造力や国際的な感覚をも涵養するようにしています。

学生の卒業後の進路

 学生は卒業後、大学院に進学してより高度な学問や総合力を身につける者の他官公庁、建設会社、建設・環境コンサルタント、建設関連メーカー等に就職する者が大部分であり、指導的技術者となるための技術士、建築士などの資格を取得したり、企業活動を通して海外で活躍している卒業生も多くいます。

研究内容

 研究面では、地盤、岩盤、材料、構造物、建設機械、地震防災、交通、都市、河川、海岸、海洋、環境衛生、生態系保全ときわめて多岐な分野において物性、現象、解析、計画、設計、施工と、基礎から応用、ハ-ドからコンピュ-タを駆使したソフトまで幅広い研究活動を行っています。

カリキュラムの概要

平成23年度より文理融合型カリキュラム「社会デザインコース」が新設されました

 現代における私たちの文化的な生活は,道路や橋,鉄道,港湾といった物流施設,ライフライン(電気,水道,ガス),情報通信施設に支えられています.より快適で,安全な地域作りは今後も重要な課題です.一方,快適な生活を追求するだけではなく,美しく豊かな自然との調和も考え,持続的発展が可能な国土の利用をしてゆくことが次の世代には求められています. 環境建設工学科は,次世代の豊かな都市環境の創造と,地域や国土全体のマネジメントを担う人材の育成を目指し,次の2コースを設けます.

下の図をクリックすると拡大します.

●土木工学コース

 日本の土木技術は,超長大橋梁や海峡横断トンネルを完成させるなど,世界最高水準にあります.この分野の技術を伝承し,さらに発展させ,世界の建設シーンにおいて活躍する人材,次世代の社会基盤の建設を担う人材を育成するコースです.

●社会デザインコース

 まちづくりや国土のマネジメントは,これまでのように理系の土木技術者だけの仕事ではありません.文化的な素養を持ち,社会や経済に明るく,またはデザインや景観のセンスを持つなど,多様な個性を持つ技術者を育成するコースです.文系の生徒をも積極的に受け入れ,文理を融合したエンジニアリング教育をします.  

入試制度の概要

文系でも理系でも受験が可能です

 社会デザインコースでは,理系の生徒だけでなく,文系の生徒の皆さんにも受験していただけるように,「文理融合型試験」を導入しています.一般選抜(前期)では個別学力検査に数学と英語を課しており,数学の出題範囲は数I,数II,数A,数Bまでとなっています.一般選抜(後期)の個別学力検査は小論文のみとなります.以上のように,理系でも文系でも受験しやすい入試制度を採用しています.なお社会デザインコースにおいては,初年次に基礎的な数学や力学の教育を行うことで,その後展開される講義科目をスムーズに習得できるようにカリキュラムを設計しています.

土木工学コースの入試制度はほぼ従来通りです.

(注意)

本ページに記載されている入試情報は概要のみ示していますので,受験をご検討の方は必ず大学発行の「学生募集要項」および「入学者選抜要項」をご確認下さい.

PAGE TOP