本文へスキップ

愛媛大学工学部 環境建設工学科

社会基盤マネジメント研究室のホームページへようこそ.
社会基盤マネジメント研究室は,老朽化が進んでいる,橋梁やトンネルに代表される土木インフラ構造物の維持管理・マネジメントに関する研究を行っています.構造力学・統計学・画像解析・ビッグデータ処理などの人工知能・GISなど様々な手法を必要に応じて使い分け,真剣に,真面目に,そして楽しく研究をすることをモットーとしています.
研究室には2018年1月現在,全 邦釘准教授と,2名のサポートしていただいている先生,学部4回生4名,博士前期課程(修士課程)8名(うち留学生は1名),博士後期課程1名の学生(うち留学生は1名),2名の研究生が在籍しており,また様々な企業と積極的に共同研究を行っています.

お知らせtopics

各種メディアに掲載


ドローンによる橋梁点検の取り組みについて,多くのテレビ局や新聞社に取材いただき,掲載されました.

卒論・修論の提出・発表会に向けて頑張っています


卒論生,修論生,みんな精一杯頑張っています.ラストスパートです.

新着情報news

2018年1月30日
土木学会で人工知能に関する基調講演を行います.→詳細はこちら
2018年1月26日
日本コンクリート工学会中部支部で人工知能に関する講演を行います.→詳細はこちら
2018年1月24日
多くのテレビ局,新聞にドローンによる橋梁点検の取組を取材いただきました.→詳細はこちら

→過去のNEWS,研究室活動はこちら(工事中)

社会基盤マネジメント研究室

〒790-8577
愛媛県松山市文京町3
愛媛大学工学部2号館3階317号室

TEL 089-927-9822
FAX 089-927-9840