岩の力学に関する若手研究者会議

第4回岩の力学に関する若手研究者会議
The 4th Japan Future Initiative for Rock Mechanics

2017年12月9日(土)@TKPガーデンシティ京都
11:00~18:00

主催:岩の力学連合会
申込締切:2017年10月20日(金)11月10日(金)

開催案内・発表募集

概要

【開催趣旨】
 岩石力学・岩盤工学に携わる科学者・技術者(研究者)は,それぞれ土木工学,地盤工学,資源工学,地質学などをバックグラウンドとして活動しています.現在,解決すべき課題は複雑・大型化しており,研究者各人が実施できる研究は限界があるため,得意分野が異なる研究者が連携して,求められている課題に対処すべきです.しかしながら現状では,研究者は自らのバックグラウンドに拘泥し,様々な分野の研究者が連携して得られる「価値」を見逃しています.「岩の力学連合会」は,それら岩石力学・岩盤工学に携わる研究者を橋渡しする学会ですが,現状十分な連携が取れているとは断言できません.特に,若手研究者にとっては,今後生き残りをかけた熾烈な競争環境が待ち受けていることが容易に予測されるため,異分野研究者間の連携は不可避です.
 そこで,若手研究者の連携を強化するために,平成26年度の第1回、平成27年度の第2回に引き続き,「第3回 岩の力学に関する若手研究者会議」を開催します.今回は、特別に外国人研究者の招聘を予定しています.さらには、参加学生を対象にした企業紹介用のセッションも設けています.企業と学生とをつなぐ、貴重な交流の場になると期待しています.
【目的】
①参加者が自らの研究内容を紹介し,何を協力してできるか(実験,数値解析,現場計測,分析など)を示すことによって,他の研究者との共同研究の可能性を示す.
②岩石力学・岩盤工学に関連した現在解決すべき研究課題について理解を深める.
解決すべき課題に対して,共同研究の可能性を模索する.
③最終的には,科研費基盤研究(A)などの大型予算を獲得し,岩の力学における有益な成果を挙げることを目指す.
④アジア地域を中心とした若手研究者会議の開催を目指し,検討を行う.
企業(岩盤・土木・資源関係)による事業紹介の機会を設け企業と学生の積極的な情報交換を促す.
【参加者】
岩石力学・岩盤工学に携わる概ね40歳以下の大学研究者および学生(学部4回生以上),公的および企業研究所に所属する研究者
※なお,40歳以上の方も参加可能ですが,発表機会は40歳以下を優先します.
【発表テーマ・キーワード】
①資源・石油工学,シェールガス/タイトオイル,地熱エネルギー,エネルギー貯蔵
②二酸化炭素地中貯留,放射性廃棄物地層処分,熱・水・力学・化学連成問題
③トンネル,地下空洞,斜面,大深度掘削
④地震および岩の動力学,地殻,岩の性質,試験・調査法,計測


スケジュール

開催日時:2017年12月9日(土

開催場所:TKPガーデンシティ京都 

時間:11:00~18:00(予定)



参加申込み

      ①参加費
       一般:10,000円(当日、現金でお支払いください。)
      学生:無料
      ☆参加費に含まれるもの:冊子
      ※参加学生全員に企業配布用の名刺20部贈呈します!)
      【名刺例】

         

      ②申込締切(延期しました)
       ◎発表をされる方◎
        申込締切:2017年10月20日(金)11月10日(金)
        発表資料提出締切:2017年11月20日(月)11月26日(日)

       ◎発表をされない方◎
        申込締切:2017年11月20日(月)11月26日(日)

      ③申込方法
        参加希望者は,「参加申込書」と「自己紹介資料」を添付の上、
        メールでお申し込みください.

         【参加申込書のダウンロード】
          参加申込書

         【自己紹介資料のダウンロード】
          自己紹介資料テンプレート



       ④申込・問い合わせ先
        愛媛大学 三好東加
        Email: miyoshi@cee.ehime-u.ac.jp

        愛媛大学 安原英明
        Email:hide@cee.ehime-u.ac.jp
        TEL&FAX:089-927-9853

        京都大学 奈良禎太
        Email:nara.yoshitaka.2n@kyoto-u.ac.jp
        TEL&FAX:075-383-3210


過去の若手研究者会議報告