事前復興センサス

発災時の避難者であり,また被災者となって復興の対象となることが想定される地域にお住まいの方々を対象に,その生活(暮らしと環境)に関わる意向調査(情報の収集と分析)を行います。日常生活や災害時の避難行動と復興時の居住と勤労場所についてアンケート調査を行い,得られたデータを分析して「避難行動モデル」と「居住地選択モデル」を検討し,このモデルを基に事前復興計画の策定ほか,実際の道路の改修工事,施設の統合事業等につなげます。
なお,本調査は初年度に実施予定でしたが,平成30年7月豪雨災害が発生したため平成31年度に延期しました。

【事前復興センサスの実施イメージ】